知っておこう安心歯医者の選び方

知っておこう安心歯医者の選び方

歯医者の数はコンビニより多いほど大変充実しており、患者側の治療の選択肢も広がっています。



多ければ多いほど、どの歯医者が自分に合っているのか分からなくなってしまうこともあるでしょう。

そこで、歯医者を選ぶポイントについてご紹介致します。

まず第一に、当たり前のことですが医師がしっかりとした資格を取っていて、良い腕を持っているかどうかです。

歯科医師の資格については、院内やホームページに記載されている場合が殆どなので、通院前に調べることをお勧めします。



腕については治療を受けないと不明な点も多いですが、腕の良い歯医者は治療の選択肢を多く与えてくれます。

インプラントや自費治療しか無い、と断言する歯医者よりも、保険治療と自費治療のメリット・デメリットを隠すこと無く教えてくれる医師はどの治療に関しても満遍なく対応してくれます。


また、スタッフや受付の対応も院長の指導が影響するので、良く目を光らせておきましょう。
第二に、治療の期間をざっくりと説明してくれるという点です。

歯の治療は、病状によっては年単位で時間がかかるものもあります。



初めに期間について説明をされることで安心して通えますし、完治までのイメージが出来上がるので、いつの間にか2〜3年通っていた、という被害も防げます。
第三に、治療器具や院内が清潔で、整っているかどうかという点です。


滅菌や清掃がきちんと行われていないと、院内感染の恐れがあるので、グローブを使用するタイミングや薬瓶が綺麗で蓋が開けっぱなしになっていないかなどチェックすることは必然的に良い歯科医師とめぐり合う機会に繋がります。信頼できる歯科を見つけ、どこまでの治療を求めているのかをよく相談した上で通院を決定しましょう。


  • 歯科をよく学ぶ

    • 食べ物を噛み砕いて体内に栄養素を吸収しやすくするため、歯の存在は必要不可欠です。毎日のオーラルケアは必須であり、これを怠ると虫歯や歯周病を発生させる恐れがあります。...

      detail
  • 納得の事実

    • 矯正歯科は歯並びをキレイに調整し、見た目だけでなく噛み合わせなどを良くすることで機能面での改善も行う治療になります。矯正歯科治療の主な流れとしては、カウンセリング、契約、治療開始(装置の装着から外すまで)、その後の保定・治療後の経過観察になります。...

      detail
  • 歯科入門

    • 「左の肩が痛くて整形外科に行ったら、聴診されて心電図までとられた。整形外科で聴診や心電図だなんて、ありえないよね。...

      detail
  • 歯科の基本知識

    • かつては矯正器具を付けているのは子ども、というイメージがありましたが最近は高校生や大学生くらいの年代で矯正が増えてきています。ファッション的なものではなくその目的は就職や進学などでの面接のためと言われています。...

      detail